SBI FXTRADE スプレッド 通貨ペア 一覧表 手数料

SBI FXTRADE(SBI FXトレード)の取引手数料、SBI FXTRADE ロスカット手数料は、通貨単位(売買単位)に関わらず無料です。

スプレッド、通貨ペアは以下の通りです。
「これで儲からないなら、FXは諦めて下さい」と言わんばかりの、利益が出やすい激安スプレッドです。

SBI FXTRADE スプレッド 通貨ペア 一覧表

注文数量
通貨ペア 1〜10,000
ロスカット時
10,001〜
50,000
50,001〜
1.000,000
1,000,001〜
2,000,000
2,000,001〜
5,000,000
5,000,001〜
10,000,000
米ドル/円
USD/JPY
0.27銭 0.45銭 0.58銭 0.78銭 0.75銭〜 1.13銭〜
ユーロ/円
EUR/JPY
0.69銭 0.99銭 0.99銭 1.29銭 1.39銭 6.00銭
ポンド/円
GBP/JPY
1.19銭 1.59銭 1.59銭 2.29銭 2.89銭 9.00銭
豪ドル/円
AUD/JPY
0.77銭 0.88銭 0.88銭 1.69銭 1.99銭 7.00銭
NZドル/円
NZD/JPY
1.79銭 2.19銭 2.19銭 2.69銭 2.99銭 9.00銭
カナダドル/円
CAD/JPY
1.79銭 2.19銭 2.19銭 2.69銭 2.99銭 9.00銭
スイスフラン/円
CHF/JPY
2.39銭 2.79銭 2.79銭 2.89銭 2.99銭 9.00銭
南アランド/円
ZAR/JPY
0.99銭 1.90銭 1.90銭 2.99銭 3.79銭 4.79銭
人民元/円
CNH/JPY
2.58銭 2.58銭 2.88銭 2.88銭 2.88銭 2.88銭
ユーロ/米ドル
EUR/USD
0.59pips 0.99pips 0.99pips 1.19pips 1.39pips 6.00pips
ポンド/米ドル
GBP/USD
1.49pips 1.89pips 1.89pips 2.59pips 3.19pips 9.00pips
豪ドル/米ドル
AUD/USD
1.39pips 1.79pips 1.79pips 1.89pips 1.99pips 7.00pips

上記のスプレッドは、SBI FXTRADEの通常スプレッドです。
スプレッドは固定されたものではありません。早朝等の流動性が低い時、経済指標 重要指標発表時、その他外部要因により提示以外のスプレッドになることもあります。

SBI FXTRADEでは期間限定のキャンペーンやスプレッドの改定で、スプレッドが上記の表と異なる場合が有りますので、最新スプレッドに関しては、必ずSBI FXTRADEのサイトのトップページ上部メニューから「サービス概要 → 基準スプレッド一覧表」と選択して直接ご確認下さい。

1万通貨以下の売買が、最もスプレッドが狭くてお得

SBI FXTRADEは、1通貨〜1万通貨の少ロットの売買が最もスプレッドが狭く、逆に取引数量が多くなるほどスプレッドが広くなります。SBI FXTRADE 最低取引単位 最低売買単位 発注単位 1枚 1lot

その点を実際に試してみました

↓10000通貨の場合、ドル円のスプレッドは0.27銭なのに対し
SBI FXトレード スプレッド 10000通貨

↓10001通貨の場合、ドル円のスプレッドは0.45銭になっています。
SBI FXトレード スプレッド 10001通貨

従って、SBI FXTRADEで一度に大口取引する場合は不利です。

しかし、10,000通貨の指値注文(さしねちゅうもん)や、ストリーミング注文 成行注文を繰り返せば、大口取引でも最小スプレッドでFX取引する事が可能です。

SBI FXトレード 中国元/円 人民元/円 CNH/JPY スプレッド オフショア人民元

人民元 中国元 CNY CNH RMB

SBI FXTRADE株式会社では、2013年12月より人民元/円(CNH/JPY)のFX取引が出来る様になっています。

スプレッドは2.58銭(5万通貨注文までの場合)です。

以下、SBI FXTRADEのサイトからの引用です。

待望の新通貨!人民元/円(CNH/JPY)取扱い開始!

この度「SBI FXTRADE」では、新たに人民元/円(CNH/JPY)の取引を2013年12月16日(月)午前7時00分より開始することとなりました。

もちろん、当社はワンショット(1回あたりの注文数量)1通貨単位から1000万通貨単位までのお取引が可能!

なお、お客様の注文(2WAY注文、成行注文を除く)につきましては、取引開始に先立ちまして2013年12月14日(土)22時より受付を開始致します。

今回、新たに取扱い通貨ペアに加わることとなりました人民元/円(CNH/JPY)ですが、香港市場等で自由に取引されており、潤沢な流動性を備えた市場となりますのでお客様に安心してお取引いただけます。

また、スワップポイントにつきましても、中国本土の政策金利を反映していることから、現在高金利で推移しておりますので、FX取引の選択肢が拡がります。

ぜひ、この機会にご利用ください。

百聞は一見に如かず!詳細につきましてはこちらをご覧ください!

全12通貨を取り揃え、ますます便利になる「SBI FXTRADE」を今後ともよろしくお願いいたします。

引用ここまで。

人民元/円のFX取引が「1通貨単位・手数料0円・国内最狭クラスのスプレッド」で可能!

FX 1通貨単位 FX1単位取引

SBI FXTRADEの人民元/円(中国元/円)は、他の通貨ペア同様SBI FXTRADE 最低取引単位 1通貨単位〜最大1000万通貨単位で取引できるうえ、取引量にかかわらず手数料無料です。 SBI FXTRADE スプレッド 通貨ペア 一覧表

1通貨単位で取引出来るので、外貨預金代わりの安全なレバレッジ1倍の人民元FX取引が、SBI FXTRADEなら容易に可能です。

スプレッドに関しても、国内のFX業者で恐らく最も狭いと思われます。

オンショア人民元(CNY) オフショア人民元(CNH) 違い

中国 国旗

人民元には中国本土でのみ取引可能なオンショア人民元「CNY」と、中国本土外で取引されるオフショア人民元「CNH」が有ります。

前者のオンショア人民元「CNY」は、中国本土で流通する人民元です。オンショア人民元は中国当局に自由な取引が規制されています。

そのため、以前は多くのFX業者で現物の取引を伴わないNDF(ノンデリバラブル・フォワード)という先物取引の一種でオンショア人民元は売買されていました。

しかし、NDFによるオンショア人民元の売買は、出来高が少ない事から、一時的にスプレッドが大きく拡大したり、レートが付かなかったり、スワップポイントが買いでも売りでもマイナスになる場合が有ります。

その点、SBI FXTRADE(SBI FXトレード)の人民元は、取引量が多い香港市場で自由に取引されているオフショア人民元(オフショア中国元)「CNH」です。

オフショア人民元「CNH」なら、常に複数の銀行からレートが提示されているので、経済指標 重要指標発表時以外にスプレッドが大きく拡大したり、レートが付かなかったりする事は殆ど有りませんし、ロングすればスワップポイントはプラスで付与されます

SBI FXTRADE SBI FXトレード 評判 評価(トップに戻る)

SBI FXTARDE
SBI FXトレード
は、1通貨単位・手数料無料・資金4円からFX取引可能です